盛岡周辺の春を巡る旅04:小岩井ため池

スポンサーリンク
盛岡周辺の春を巡る旅04:小岩井ため池
  • 「岩手・盛岡市周辺で春の景色(桜とか雪とか)が素晴らしかった」の4回目です。

  • 今回は、小岩井農場のはずれ(というか、農場の敷地外?)にある小岩井ため池です。隠れた撮影スポットだと思われます。

  • 過去の岩手関連記事は、こちらからどうぞ。↓
“岩手” の検索結果 | AttracTRIP
魅惑的な旅(AttractiveTRIP)を記録・考察・紹介するサイト

場所。

Googleマップだと「新鬼越池」と表示されますが、少なくとも現地の看板では「小岩井ため池」と記載されていましたので、その表記に従います。↓

2022年の4月下旬の訪問です。

写真。

まずは、ため池のほとりの案内板から。↓

案内板の背後に見える、ため池と岩手山。そして携帯基地局。↓

超・快晴。↓
(赤い屋根の農家さんがいいアクセントですね)

釣りや水遊びは禁止です。↓

ため池の堤とともに。↓
(それにしても、いい天気です)

せっかくなので、携帯基地局をはずしたアングルも。↓

盛岡周辺の春を巡る旅04:小岩井ため池

撮影した日の夜、改めていろいろ調べてみたら「風の吹かない日だと水面が穏やかになって、池の水面に“逆さ岩手山”が映る」んだとか。

ということで、雲が多いものの風の弱い日に再訪して撮影したのがこちら。↓
(うーん、初回よりは多少“鏡”っぽいですかね。。)

所感。

この再チャレンジDayはほぼ無風だったのですが、水面を優雅に泳ぐ水鳥さんが2・3羽いらっしゃいまして、絶妙なタイミングで撮影アングル内に波紋を発生させてくださったため、完璧な水鏡を拝むことはできませんでした。

これも自然の摂理ということで。


次回は、再び桜の名所をご紹介する予定です。

Link(関連サイト)

小岩井ため池のベストビューポイントと思われる場所のストリートビュー。↓
(この堤(土手)の上から撮影されるとよろしいかと)

案内板のある場所のストリートビュー。↓
(車を2台ぐらい停められそうなスペースもありました)


コメント

タイトルとURLをコピーしました