「セントレジス ・バリリゾート」の豪華朝食。【レストラン『Boneka』編】

「セントレジス ・バリリゾート」の豪華朝食。【レストラン『Boneka』編】
  • The St. Regis Bali Resort(セントレジス・バリリゾート)の続きです。
  • 今回は、レストラン『Boneka(ボネカ)』での豪華朝食ビュッフェをご紹介します。
    • Bonekaとは「(あやつり)人形」の意味だそうです。

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • 2011年から2019年にかけて。合計で5回泊まらせてもらいました。(通算20泊程度)
    • 朝食は必ず食べていたので、通算の朝食回数も20回程度になっているかと思われます。

Where(所在地)

  • こちら。↓

Who(同行者の動きなど)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。
    • 食べきれないほどたくさんの料理がありますので、なるべく多くの人間で利用して少しずつシェアするのもいいと思います。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • このBonekaの朝食ビュッフェこそ、ここに宿泊する目的の1つだったりするので、万全の体調で渡航し、昼食を抜かざるを得ないほど朝からガッツリ食いたい。

What(やったこと・体験したこと)

  • 朝食の営業時間は午前7時から11時まで。
  • 7時に起床し、シャワーを浴びて身支度を整え、8時までには入店。
    • 8時前なら、まだまだ空いています。
  • Bonekaの入口でルームナンバーを告げ、好きな場所に着席。
  • 飲み物(コーヒー、紅茶、各種フルーツジュース)をオーダーし、料理が並ぶカウンターへゴー。
  • 自分で取り分ける冷菜やパンのほか、テーブルに置いてあるメニューから、好きな料理を注文。(←追加料金はかかりません)
  • あとは、ひたすら飲んだり食ったり。
  • 1皿食べ終わったら、再びセルフコーナーから料理を持ってくるか、メニューから追加オーダーし、満腹中枢が悲鳴をあげないギリギリの範囲で食べまくり。
  • 以下、毎朝この繰り返し。

How Much(消費コスト)

  • 朝食ビュッフェは、すべて宿泊料金に含まれています。
    • 宿泊費用については、このシリーズの1回目をご参照ください。

Photo(記録写真)

  • まずはレストランの雰囲気から。(一部、同行メンバーが撮影した写真も含まれています)
入口を入ってすぐ脇の壁に飾られた伝統的なBoneka(操り人形)達。
これが店名の由来です。
わりと生々しい表情をしてます。
テント屋根の支柱にもBonekaさん。
たくさんの料理が並ぶカウンター。
フルーツコーナー。南国だけによりどりみどり。
ハムや野菜やサーモンや。
こちらのカウンターではお寿司点心が作られ、奥にはエッグステーションも。
ここからセルフで料理をもらって来てもいいのですが、テーブル上のメニューからもオーダーできるので、ここで卵料理などの出来上がりを待つ人は多くはありません。
テント屋根の下の座席。
テント屋根の座席から眺めた店内。
MAX4人掛けのボックスシート。我々はだいたいここを利用してました。
テラス席もありますが、暑いのでここに座ったことはありません。
冷菜を取り分けて席に戻る頃には、ジュースやお茶がサーブ済み。
  • では、ドリンク系の紹介から始めます。
スイカジュース。甘くておいしい。
セントレジス・バリリゾートの名物、セントレジス・アイスティー
パッションフルーツやココナッツシロップ入り。
スッキリした甘さ。
直近の滞在時にサーブされたセントレジス・アイスティー。
時節柄、ストローは紙製。
ちんたら飲んでると、フニャフニャになります。
なにかのスムージー。材料は失念。
  • 続いて、自分で皿に取り分けるセルフサーブの料理です。
同行者の1人が盛り付けてきたフルーツ。
別の時期に、同じ同行者が取り分けてきたフルーツ。
あれだけ多くの種類があるのに、フルーツの組み合わせが1枚前の写真と全く一緒です。w
奇跡というか、好みが一貫しているというか。
てんこ盛りのマンゴー。
ミントの葉っぱがちょこんと飾られていますので、もしかするとオーダーしてわざわざ持ってきてもらったものかも。
フルーツポンチ。ジュルル〜。
私の一皿目の冷菜。サーモンは欠かせません。
こちらは別の渡航時期。同じく私の一皿目。
(自分も組み合わせがあんまり変わってない…w)
訪問回数が増えるにつれて、サーモンの量も増加しています。
(同行メンバー達から「北海道のクマか」とバカにされる始末)
食後のデザート代わりのペイストリー
アクセントとしてナチュラルチーズも欠かせません。
別の訪問時のペイストリー。
やはりチーズ付き。w
どんだけチーズ好きなんでしょうか?w >自分
  • お次は、メニューからオーダーした料理や、出来立てをトレイに載せてテーブルを回るスタッフさんから「いかがですか?」と勧められてチョイスした料理の数々です。
  • まずは「しょっぱい系」からいきます。
盛り付けがキレイなので、たぶんお勧めされて選んだ前菜ではないかと。
名物のエッグヌーヴェル
卵の殻の中にロブスターのラグーを入れ、パセリクリーム、イクラ、アスパラガスをトッピングした料理。ソースが濃厚。大好きです。
見るからにうまそう。あぁ、腹が減る…。
生牡蠣もあります。衛生管理がしっかりしている一流ホテルなので、生でも安心していただけます。
かわいい巻き寿司
「日本人なら、あえてこれでお腹を膨らます必要はないかも」という程度の味。
(普通においしいですけど)
スペイン産のアブルーガキャビア
この20年ぐらいでキャビアを食べたのは、ここBonekaだけです。
エッグベネディクト
生ハムが巻かれたアスパラガスもいい感じ。
生サーモンとアボカドかなんかでできた「サーモンベネディクト」みたいな一品。
まろやかな味わい。
この写真を見ても、材料も味も思い出せません。w
メニューに載っている卵料理の1つ、ステーキ&エッグ
朝なので、お肉はこれくらいの大きさでちょうどいいかも。
別の訪問時のステーキ&エッグ。
なぜか卵が1個に。w
また別の訪問時のステーキ&エッグ。
なぜか鉄鍋ではなく、お皿でサーブ
正直言うと、こちらの方が食べやすいのですが、やはりちょっと趣に欠けます。
こちらも名物のリバーロブスターのオムレツ
このソースをご飯にかけて食ったら、さぞうまいことでしょう。
これがメニューだと卵料理のページに載っているのですから、恐れ入ります。
別の訪問時にサーブされたのがこちら。
いくらなんでも足が長すぎ。w
これまた別の訪問時。
今度は足が寂しすぎます。w
目玉焼き・フォアグラ添え
レッドオニオンジャムとブリオッシュトーストと共に。
主役は目玉焼きで、フォアグラはあくまでも添え物です。すげーな、おい。
なんかのオムレツ
こちらは、キッシュですかね。
“不思議なミートパイ” by 竹内まりや。
仔牛のレバースプレッド
マッシュルームソテー、クリスピーベーコン、レッドビーツルーツのピクルスを付け合せて。絶品です。
朝からワインを飲みたくなります。(アルコールは別料金)
最初にこのレバースプレッドを食べた時、あまりに美味しすぎておかわりしたほどです。
脂肪肝まっしぐら。
しめのナシゴレン
巡回スタッフからピックアップした時はこんな器で。
メニューからナシゴレンをオーダーしたら、大きな皿でサーブされました。
やはりこっちの方が美味しそうに見えますね。
インドネシア風のお粥
満腹で疲れた胃にやさしいお味。(←って、そもそも食い過ぎだっつーの)
インドネシア風のラーメン
あっさりしたスープが胃にやさしい。(←もう分かったから…)
  • 「メニューからオーダーする料理」の最後は、「甘い系」です。(←まだ食うの?)
まずはシンプルにパンケーキ
これはクレープ、ですかね。
これまた名物のクロワッサンフレンチトースト
シナモンバターとパパイヤライムジャムをつけていただきます。
ウマすぎ。
別の訪問時。盛り付けかたもお皿も異なってますね。
これは、バナナクレープだったかと。
スッキリ甘くておいしい。
バナナクレープの別バージョンの盛り付け。
こっちの方が見た目が楽しいですよね。
ワッフル。アイスクリームがのって、さらにチョコレートソースもたっぷりと。
もうたまりません。
これは、うーん、なんだっけ?
これも、うーんと、えーと…。
ウマかったから、まぁいいか。

Good(イケてる点)

  • あまりにも多くの料理があって、しかもどれもおいしい。
  • 1ヶ月ぐらい連泊しても飽きないと思います。(胃腸の調子と財布の事情が許せばの話ですが)
  • 出来立て料理をお勧めしてくれるお弟子さんシェフも、オーダーを取って料理をサーブしてくれるスタッフさんも、全員が気さくで気持ちよく食事できます。

Not Good(イケてない点)

  • 訪問時によって卵の個数が減ったり、盛り付け方が微妙に変更されたりしたものの、いずれも“ご愛嬌”の範囲かと。(足りなければ好きなだけ追加オーダーすればいいのですから)

Conclusion(まとめ)

  • 日本国内にも「うちのメニューは最強ですよ」と朝食ビュッフェをウリにするホテルがありますが、入店時やエッグステーションの前などが行列状態になっていることが少なくありません。
  • それに比べると、このBonekaの朝食ビュッフェは、質・量・サービスともに私が利用した中ではまさに最強のラスボスではないかと思います。

Link(関連サイト)

  • セントレジス ・バリリゾートの公式サイト。
セントレジス・バリリゾート
セントレジス・バリリゾートで宿泊のご予約を。我々のNusa Dua のホテルは息をのむような宿泊設備とあなただけの快適なご宿泊をご提供致します。
  • Boneka(ボネカ)』のページはこちら。
セントレジス・バリリゾート
Nusa Dua にある セントレジス・バリリゾート では様々なジャンルのお食事がお楽しみいただけます。ホテル滞在中は当ホテル自慢のレストランでおいしいお料理をご堪能ください。
  • Boneka(ボネカ)』の朝食メニュー(オーダー式)はこちら。↓

https://www.marriott.co.jp/hotelwebsites/us/d/dpsxr/dpsxr_pdf/dpsxr_boneka_breakfast.pdf


コメント

タイトルとURLをコピーしました