まだ続く「セントレジス ・バリリゾート」のご紹介。【ガーデニアヴィラ編】

まだ続く「セントレジス ・バリリゾート」のご紹介。【ガーデニアヴィラ編】
  • The St. Regis Bali Resort(セントレジス・バリリゾート)の続きです。
  • 今回は、「ガーデニアヴィラ」をご紹介します。
    • パブリックプールにも、ビーチにも直接アクセスできない、いわば塀に囲まれた庭&プライベートプール付きヴィラなのですが、外部からの不用意な(あるいは不注意による)アクセスが発生しないため、私は結構気に入ってます。

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • 2011年から2019年にかけて。合計で5回泊まらせてもらいました。(通算20泊程度)
    • ただしガーデニアヴィラに宿泊したのは2011年のみ

Where(所在地)

  • こちら。↓
  • 赤枠で囲ったブロックがガーデニアヴィラ群です。↓

Who(同行者の動きなど)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。
    • 「40代なかばのオッサンが、プールサイドやビーチで海パン一丁でゴロゴロするのは照れくさい人目につかないプライベートなヴィラなら抵抗ないかも」というのが、初滞在時にガーデニアヴィラを選んだ理由です。(←どんだけ自意識過剰?)
    • その後さらに歳をとり、バリ島渡航回数を重ねるにつれて、上記のような抵抗感も薄れたため、セントレジス でのヴィラ宿泊は1回だけで終わりました。

What(やったこと・体験したこと)

  • 概略は、このシリーズの1回目をご参照ください。
  • この「ヴィラ滞在」時に限ると、初セントレジスだったため、設備やサービスを使いこなすまで、いろいろ戸惑ったことを覚えています。
    • 「バトラーがスーツケースの荷物をアンパッキング&パッキング(荷ほどき・荷造り)してくれるんだって。どうする?」
    • 靴を磨いてくれるんだって。スニーカーでもいいのかな?」
    • 「好きな時間に電話1本でコーヒー・お茶を無料で持って来てくれるんだって。でもチップは要るよね?」
    • 「バトラーが待機する小部屋まであるけど、好き勝手に入ってこられたらどうする?」 みたいな調子でした。

How Much(消費コスト)

  • 宿泊費用については、このシリーズの1回目をご参照ください。

Photo(記録写真)

  • ではさっそく。
ヴィラの入口。まずは門扉がお出迎え。
門扉を開けると数メートルのアプローチがあって、ヴィラ本体の玄関扉が。
アプローチの横には、カエルさんの石像。
「おカエリなさい」という意味があります。(←ウソです)
玄関扉を開けると、広いリビングルームがドーン。
手前にダイニングテーブル、奥にはソファ。
完璧です。
同じ場所を夜間に撮影。右側の棚の間接照明がアクセント。
棚の裏側にはトイレが配置。
今度は逆に、リビングの奥から玄関扉方向を撮影。
こっちは夜間に撮影したもの。
日中は、リビングに光が燦々と差し込みます。
でも空調はバッチリなので快適に過ごせます。
カメラを左にパンします。
さらにパン。こちらにもドアが。
ドアの向こうはベッドルームでした。
天蓋付きのキングベッドがバーン。
こちらはターンダウン後。
内装があまりゴテゴテしてなくて好印象。
ベッド横にまたもやドア発見。
ビーチに持ち出したバック(と帽子)が掛けられてるのが分かります)
入ると、まず正面にバスローブ。
さらに右奥に広がるバスルーム。
さすが411平米の敷地だけあって、ゆったりとした贅沢な造りです。
ダブルシンクなんかは当たり前。
シンク横はウォークインクローゼット。
シンク裏は、シャワーブースだったかな?
もう、家です。住み続けたい…。
バスタブ横の扉を開けると、ベッドルームが見える仕掛けになってます。
ベッドルームから庭方向を撮影。庭に出てみましょう。
ベッドルーム前の庭。
正面にテーブルとプール。右側はヴィラのリビング。
テーブル用の照明器具が、軒下からカーブしながら伸びてきてます。
プールの奥にはガゼボ(東屋)も。
ちょっと高いところにあって、風が抜けやすいガゼボ。
ガゼボからヴィラ側を撮影。
もちろんデッキチェアも完備。
飲み食いしながらくつろぐ場所は、リビング内のダイニングテーブル&ソファ、ベッドルーム前の屋外テーブル、ガゼボ、そしてこのデッキチェアと、よりどりみどり。
外観もシンプルで、いいと思います。
プールに落ちる水の音で、外部の音はほとんどかき消されます。
「ジョボジョボドボドボ」をずっと聴いていると、なぜか眠くもなります。
ミニバーコーナー。この下に冷蔵庫も。
この右側にバトラーさんが待機するための小部屋があったような気が。
かわいい容器に入れられたポプリ。
いいと思います。
ザ・南国。
これぞアジアンリゾート。

Good(イケてる点)

  • 完璧に守られるプライバシー。
  • ケバケバしすぎず、かといって質素すぎない外装・内装。
  • ヴィラ内にただよう甘くていい香り。
  • くつろげるスペースが何箇所も用意されていてグッド。

Not Good(イケてない点)

  • 特に見当たらず。(強いて言えば、ヴィラには1回しか泊まっていないため、使いこなせた実感がない点。←自分側の問題ですが)

Conclusion(まとめ)

  • 次回は、ビルディング棟にある「セントレジス スイート」の様子をお伝えする予定です。

Link(関連サイト)

  • セントレジス ・バリリゾートの公式サイト。
セントレジス・バリリゾート
セントレジス・バリリゾートで宿泊のご予約を。我々のNusa Dua のホテルは息をのむような宿泊設備とあなただけの快適なご宿泊をご提供致します。
  • ガーデニアヴィラのページはこちら。
セントレジス・バリリゾート
Nusa Dua にある当ホテルの特別な客室にご宿泊頂き、贅沢なお時間をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました