3年半ぶりのバリ島旅行:02【羽田のデルタスカイクラブラウンジの楽しみ方】

スポンサーリンク
3年半ぶりのバリ島旅行:02【羽田のデルタスカイクラブラウンジの楽しみ方】
  • 3年半ぶりのバリ島旅行の2本目は、昨年7月29日に羽田にオープンしたデルタ空港のラウンジ「デルタスカイクラブ」についてです。

  • オープン当初はネットニュース記事などでよく見かけましたが、その後の利用体験記などがさほど多くないようなので、投稿してみます。

デルタスカイクラブの概略。

かつては成田空港にあったデルタスカイクラブ。

デルタ航空の日本拠点が成田から羽田に移ったことに伴い、ラウンジもお引越ししてきたということです。

成田時代の体験記はこちら。↓

「広いラウンジ」はそれだけでうれしい。【成田空港 デルタスカイクラブ】
「広いラウンジ」はそれだけでうれしい。【成田空港 デルタスカイクラブ】
私がバリ島に行く際は、ガルーダインドネシア航空を使うことが圧倒的に多いです。日本から直行便を飛ばしているという利点もありますが、ガルーダインドネシアが加盟しているスカイチーム・アライアンスでマイレージを貯めているため、同社の利用がどうしても...
成田「デルタスカイクラブ」利用もこれが最後か。【2019年末・バリ島年越し記録:01】
成田「デルタスカイクラブ」利用もこれが最後か。【2019年末・バリ島年越し記録:01】
2019年から2020年への年越しをバリ島で過ごしましたので、何回かに分けて連載してみます。序章として、まずは成田空港で利用したラウンジについてです。 When(訪問・利用・購入時期) 2019年、12月末。 Where(所在地) 利用した...

で、いま現在のスカイクラブは、羽田空港 第3ターミナルのこのへんにあります。↓
(ターミナルが、一般道を跨ぐあたりです)

さてこのラウンジですが、2023年2月2日に利用規定が改正されており、「メインキャビン(いわゆるエコノミー)などの安い席を購入して搭乗する場合は、たとえマイレージ上級会員であっても利用できない」という塩対応になっています。

その一方で、「利用対象となるアメリカン・エキスプレス・カードを持っていれば利用可能」であり、私が所有している「デルタスカイマイル アメリカン•エキスプレス•ゴールド•カード」が該当しているとのこと。
(こちらのブログ記事を参考にさせていただきました。↓)

【デルタ航空】クラブラウンジアクセスの利用規約の変更【2023年2月から】 - メジャートリップ 旅行ガイド
デルタ航空が2023年2月2日より、空港ラウンジの利用規約を変更。内容はメインキャビンなどのエコノミークラスの旅行では、今後、ゴールドメダリオン会員などの上級会員であってもクラブラウンジを利用することはできなくなるというもの。このショッキン...

ということで、「安い席に乗るなら、上級会員であっても入れてあげない。でも、陸マイラーが同じアライアンスの他社便エコノミー席を無料特典旅行で搭乗する場合であっても、クレジットカード次第では入れてあげます」という、「ほんとにそれでいいのか?」なコンディションになっているわけです。

まぁ、それだけ上級会員が増えてしまったということなのでしょうが、かといって私のような“なんちゃって上級会員”が多く含まれていると思われるデルタアメックスゴールドカードのホルダーまで排除してしまうと、日本でこのカードの持つメリットが著しく薄れるため、デルタさんとアメックスさんの間でいろいろ交渉した結果なのかもしれません。

そもそもこのカード、以前は保有するだけで上級会員資格がもらえたのですが、今では年間150万円以上利用しないと上級ステータスがもらえません。
そこをクリアしたにも関わらず「エコノミーの客はラウンジには入れません」では、いかにがまん強いホルダーさんでも「こんなに尽くしたのに〜っ! これほど貢いだのに〜っ! もう縁を切ってやる〜っ! うき〜っ!」になりますもんね。。。

そんなわけで、この「日本発行のデルタアメックスは特別優遇するよ」スキームがずっと継続する保証もありませんから、利用できる時に利用しておくのがよろしいかと思います。

出国審査を済ませ、搭乗ゲートが並ぶ通路の途中で脇道に逸れ、エスカレーターで5階に上がるとスカイクラブの入口が見えてきます。↓

接近。↓

先客の入室手続きが手間取っていたり、我々の搭乗券のバーコードがうまく読み込めないなどあって受付がもたつきましたが、無事許可をいただき入室。↓
ザ・広々。

10時過ぎに入室しましたが、この段階ではガラガラでした。

さっきのが12時方向だとして、3時方向がこちら。↓
(正面奥に入口と受付。格子の裏にアルコールのバーカウンター。左側にソフトドリンクの各種ベンダー)

全体のフロアマップ。↓
使ってませんが、シャワールームもある模様。

いろんなタイプの椅子があり、同行人数やくつろぎ方でいろいろ選べそうです。↓

個人的には、飛行機の行き来が眺められる窓際がおすすめ。↓

一番奥の突き当たりを右に曲がると、リモート会議用のブースなども完備。素晴らしい。↓

窓からの眺め、その1。↓

その2。↓
夏の雲とともに。

その3。↓
手前から奥に向かって114番ゲート、113番ゲート…という感じで飛行機がお行儀よく整列。

その4。↓
左に90度回転すると、第1•第2ターミナルへと続く一般道に沿って、140番台のゲート棟が延びています。↓

その5。↓
この日は一番奥の141番ゲートに我らのガルーダ機(ジャカルタ行き)が待機中。そのさらに奥が第1•第2ターミナル。いい眺め。

クンクンしてもらって「Good Boy!」とほめてあげたい。【成田空港の麻薬探知犬】

WiFiは爆速でした。↓

無料でお酒がいただけるバーカウンター。私はジントニックを作っていただきました。↓

充実のフードコーナー。↓
私はいただいてませんが、この右横にはヌードルコーナーがあって、ラーメンを作っていただけます。途中から順番待ちになるほどの盛況ぶりでした。同行者によると、とてもおいしかったそうです。

私がいただいたのは、チキンと野菜の中華炒めみたいなやつと、サーモングリル、そしてチーズ。どれもおいしかったです。↓

2皿目。これもおいしいと評判のカレーライス。ジントニックとの相性もバッチリ。↓

3皿目はデザート。ケーキやらフルーツやら。アイスコーヒーとともに。↓

デザートで締めたはずなのに、弾みがついてしまって4皿目に。↓
いなり寿司、サーモン(アンコール)、そしてナスの煮浸しみたいなやつ。しばらく遠ざかる和食でまとめてみました。そしてようやく満腹に。

満腹のままモニターで出発状況を確認。↓

出発30分前となって搭乗開始。我々もスカイラウンジを出て、さっきの140番台ゲート棟を重い腹を抱えながら一番奥まで進みます。↓

ラウンジでのんびりしすぎたらしく、141番ゲート前のシートにはほぼ誰もおらず、ちょっと慌てました。↓

まるで座敷童子かのようにたたずむ女の子が1人だけ。ちょっと不気味。

ゲートを抜け、ガルーダ機とご対面。どうぞよろしくお願いします。↓

ということで、次回に続きます。(このペースで続けていったら、この連載は一体いつ終わるのやらw)

関連サイト。

  • デルタ航空さんの公式サイト。
デルタ航空 | フライト&航空券 + ホテル&レンタカー
米国内および世界各地への旅をリードするデルタ航空は、60ヵ国300以上の都市への航空券およびフライトをご提供しています。delta.comで直接ご予約
  • 同じくデルタ航空さんの「羽田空港にデルタスカイクラブがオープン」ニュース記事。
デルタ航空、羽田空港に新ラウンジ「デルタ スカイクラブ」をオープン
  • 羽田空港さんの「第3ターミナル 3階出発ロビー」のフロアガイド。
    (建物左側に「デルタ航空ラウンジ」があります)
3F | T3(第3ターミナル) | フロアガイド | 羽田空港旅客ターミナル
第3ターミナルの3F 出発ロビーのフロアガイドをご紹介します。羽田空港旅客ターミナル公式サイトです。
  • デルタスカイマイル アメリカン•エキスプレス•ゴールド•カードさんの情報ページ。
    (デルタスカイクラブが利用できることが明記されてます)
デルタスカイマイル・ゴールド|アメリカン・エキスプレス
デルタアメックスゴールド。ご入会から1年間、デルタ航空スカイマイル上級会員資格「ゴールドメダリオン」を無条件でご提供します。家族カード1枚目年会費無料です。詳細はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました