バリ島の好きなホテル。【「セントレジス ・バリリゾート」外観・ガーデン・アート編】

バリ島の好きなホテル。【「セントレジス ・バリリゾート」外観・ガーデン・アート編】
  • 前回に続き、The St. Regis Bali Resort(セントレジス・バリリゾート)について取り上げます。
  • 今回は、このホテルの外観ガーデン、さらにはそこに溶け込んだアートなどについてご紹介してみます。

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • 2011年から2019年にかけて。合計で5回泊まらせてもらいました。(通算20泊程度)

Where(所在地)

  • こちらです。↓

Who(同行者の動きなど)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。

What(やったこと・体験したこと)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。
    • 今回の「外観・ガーデン・アート」に関して付け加えれば、このホテルを訪れるたびに広い敷地内を探検していますが、訪問5回目の今年でも、まだ新しい発見がありました。

How Much(消費コスト)

  • 宿泊費用については、このシリーズの1回目をご参照ください。

Photo(記録写真)

  • 以下、撮影年代はごちゃ混ぜになりますが、さっそく。
ロビーの一角。個性的なシャンデリアとともに。
こちらもロビー階。バリ島っぽい木彫りの人形。
ニワトリ?
伝説の鳥、ガルーダ?
廊下に活けてある花。
ロビー階。
壁の一部がくり抜かれて照明が仕込んでありました。
こちらもロビー。
全身大理石(?)の牛。
ロビー横のトイレ。照明がイカしてます。
エレベーターの内部。
フラワー階段のポットと同じデザイン柄に加工してあるミラー壁面。
エレベーターの扉も同じデザイン。おしゃれ。
客室棟(上階)のエレベーターホール。
この辺はこのぐらいの照度ですが…。
各客室への廊下はセミオープンなので、明るさいっぱいです。
こんな感じでスイートルームが並んでます。
客室棟、上階からの眺め。
正面は、たしか車寄せの屋根で、右奥が客室棟の一部。
緑に覆われていて、いい感じ。
ロビー階にある「キングコールバー手前)」とビュッフェレストラン「ボネカ(奥)」の屋根。
いずれもテントっぽい生地で作られた屋根ですが、内部は空調がちゃんと効いてます。
ロビー階から1階分下りたところ。ラッパのような形の管から水が流れ落ちてます。
別角度からも撮影。上に見えるのはロビー階にある「ボネカ」。
流木?でできたオブジェと人工池。
この上はロビー階です。
いたるところにガゼボ(東屋)があります。
こっちにもガゼボ。誰も使ってません。日焼けしたくない人にオススメのポジション。
ロビー棟からまっすぐビーチへと向かうアプローチ。
ロビー棟のふもとにある噴水。奥がビーチ。
いい感じの青空。
ビーチ側からロビー棟を撮影。真ん中の砂利道っぽいスペースは歩けません。
この地下は、おそらく業務用設備(下水処理槽とか)なんじゃないかと。
同じ場所の夜景。このまっすぐ先に、例のフラワー階段があります。
ガーデン側から見たロビー棟とフラワー階段。
おそらく女性をかたどった像。首長族がモデルではないと思いますが。
おそらくカメをかたどった石像。
その夜景。テントウムシに見えないこともない。
過去5回の滞在中、そのリクライニングシートで寝ている人を見たことがありません。
1人で「幽体離脱〜(by ザ・たっち)」ごっこができそう。
ぶっ飛んだアートだけでなく、伝統的なバリの神様もちゃんと飾ってあります。
プールやビーチにほど近いレストラン「カユプティ」。
カユプティと夕暮れ。
「今日も1日のんびりしたなぁ〜」とつぶやきたくなる夕暮れ。
カッコいい。

Good(イケてる点)

  • 「直線と曲線」「無機的と有機的」「自然と人工」「バリの伝統と現代アート」が、絶妙に融合している。
    • “一線を越えて下品になるギリギリ手前”でしっかり踏みとどまっている感じ。(←褒めてます)

Not Good(イケてない点)

  • 特に見当たらず。(前回に引き続き絶賛モード)

Conclusion(まとめ)

  • 次回は、プールとかビーチとか、もう少し海っぽい景色をご紹介する予定です。

Link(関連サイト)

  • セントレジス ・バリリゾートの公式サイト。
セントレジス・バリリゾート
セントレジス・バリリゾートで宿泊のご予約を。我々のNusa Dua のホテルは息をのむような宿泊設備とあなただけの快適なご宿泊をご提供致します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました