今年の桜は、どこか寂しそう。

今年の桜は、どこか寂しそう。
  • 当サイト名「attractrip」に込めた「魅惑的な旅やお出かけ(=attractive trip)」とは全く縁遠い世の中になってしまっておりますが、生きていればイヤでも多少の外出をしないわけにはいきません。
  • 私もどうしてもやむを得ない用事があり、都内の桜の名所として名高い目黒川のそばを通過しましたので、ちょっとだけ立ち止まって75秒ほどのお花見を楽しんできました。
スポンサーリンク

When(訪問時期)

  • 2020年・4月上旬。

Where(訪問した場所)

  • 目黒川沿いのこの辺です。

Who(見物客の数)

  • さすが外出自粛が呼びかけられているだけあって、例年の桜のシーズンに比べれば「激減」と言っていいのだと思います。
  • 私も別件のついでとは言え、つい花見の有名スポットに立ち寄ってしまったわけですから偉そうなことは言えませんが、「こんな時期でも、少ないながらも桜を愛でつつ記念写真を撮る人は一定数いらっしゃるんだな」という思いを強くしました。

Why(なぜわざわざこの時期に?)

  • 「桜は来年も咲きます」とは言われても、やむを得ない用事で目黒川沿いまで来た以上、写真を数枚撮ってもバチは当たらないだろうという感じです。
    • 帰宅直後、手洗いにとどまらず、速攻シャワーで全身洗浄した次第です。

Photo(記録写真)

  • 撮影したのは、以下の全5枚のみ。いかにビビりながら撮ったかが窺えます。
桜と川向こうのお城。もといレジャーホテル。
桜まみれのレジャーホテル。
私のやむを得ない用事の目的地はここじゃありませんので、念のため。
花筏(はないかだ)、その1。
花筏、その2。
ここまで散ると、今年の東京の桜はそろそろ終了ですかね。
花筏、その3。
「上流からの流れ」と「河口からの満潮の水」が、ちょうどこのあたりでぶつかり合っているんでしょうかね。ポーションミルクを入れたばかりのコーヒーのような状態です。
  • ということで、撮影した全5枚のご紹介でした。

Conclusion(まとめ)

  • 見ようによっては、花筏の怪しい模様ですら、今後の東京の(というか世界全体の)厳しい状況を暗示してかのようですが、まぁこの先どうなるかは誰にも分かりませんからね。
  • いずれにせよ、楽しいお出かけができる社会が1日も早く戻ってくることを祈らずにはいられません。

Link(関連サイト)

  • ホテル「目黒エンペラー」公式サイト。
ホテル目黒エンペラー | HOTEL MEGURO EMPEROR | 東京ラブホテル | 東京都目黒区下目黒
あの伝説の目黒エンペラーが、2007年9月に堂々&#1...
  • NHKあさイチ公式サイト内、『新型コロナウィルス に立ち向かう! 〜おでかけの極意〜』のページ。
エラー - NHK

コメント

タイトルとURLをコピーしました