「セントレジス ・バリリゾート」の他レストラン。【『Kayuputi』編】

「セントレジス ・バリリゾート」の他レストラン。【『Kayuputi』編】
  • 相変わらずThe St. Regis Bali Resort(セントレジス・バリリゾート)』の続きです。
  • 『Boneka(ボネカ)』以外のレストランから、今回はファインダイニングレストランの『Kayuputi(カユプティ)』のご紹介です。
    • Kayuputiとはインドネシア語で「白い木」という意味だそうです。

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • 2011年2015年の渡航時に利用。(結構いいお値段のレストランなので2回しか使ってません)

Where(所在地)

  • こちら。↓

Who(同行者の動きなど)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。
    • ここはビュッフェ形式のレストランではありませんので、同行メンバー間で「東南アジアとはいえ、五つ星ホテルのレストランなんだから、このくらいの値段はするよねぇ」という(暗黙の)了解が成立してから訪問するべきかと。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • 「ビュッフェもいいけど、1回ぐらいはフルオーダースタイルのレストランでディナー食ってみたいかも」ということになり、訪問。(渡航時期によって同行メンバーが異なったこともあり、私は通算で2回行くことになりましたが)

What(やったこと・体験したこと)

  • ボネカとの外観・内装の違いなどを堪能しつつ、お高いメニューの中から必要十分な料理だけを慎重にチョイスして、ちょっとだけお上品にいただきました。
    • そんなに堅苦しいレストランではありませんが、ビュッフェレストランのように客が料理を求めて店内をさまよい歩くことはありませんから、その分どうしてもカジュアルさは低下します。

How Much(消費コスト)

  • ホテルからもらった正確な支払い記録が見当たりませんでしたが、アルコールを2杯ずつと食後のお茶などを含め、確か1人あたり1,000,000ルピア(税サービス込み。当時のレートで10,000円)ほど。
    • うーん、いい値段しますね、やはり。

Photo(記録写真)

  • いつものように、同行メンバーが撮影した写真も混ぜこぜにしてご披露します。
ビーチやプールからも程近い場所に建ってます。
これは昼間の外観。
夜になると、一気にいいムード。
メインエントランス。
昼間はこんな感じですが…。
夜はこうなります。素敵です。
エントランスの両脇にある、螺鈿かなにかで作られたようなシャンデリア。
で、夜。美しい。
いざ店内へ。店名の通り、白い木がふんだんに使われてました。
厨房はオープンキッチン形式。
店内、その2。高い天井からオブジェもぶら下がってたりします。
オブジェをアップで。
ワヤン・クリ」と呼ばれる伝統的な影絵芝居で用いられる人形もディスプレイされてます。
我々のオーダーを丁寧に調理中。
まるでイモムシちゃんのように連結したパン。
味は、もちろんおいしいので何の心配もいりません。(←誰も心配してねーよ)
サーモンの前菜。美味しかったのにスマホで撮ったらピンボケ。
同じ料理を別の同行メンバーが撮影したのがこちら。
さすが一眼レフ。
メインの白身魚の温かい料理。ソースはカレー風味だったかなぁ?(もっと複雑で繊細な味だったハズですが、もはや思い出せません)
で、一眼レフだとこうなります。
同じ料理だとは思えないほど美味しそうに写ってます。
別メンバーがオーダーしたメインのお肉。
お高いレストランだけあって、肉もソースも美味。
食後のお茶とともに出てきたチョコレート菓子&マカロン(かな?)
一眼レフだと、発色がまったく違います。

Good(イケてる点)

  • インターナショナルというか、パンアジアというか、味付けにも見た目にも工夫が凝らされた美味しい料理の数々。

Not Good(イケてない点)

  • 強いて言えば、お値段。
    • バリ島で1人あたり1万円も払って晩飯を食う日が来ようとは…。

Conclusion(まとめ)

  • 私は2回行って十分満足しましたが、セントレジス・バリリゾートに何度か宿泊する機会があれば、1度は味わってみることをおすすめします。

Link(関連サイト)

  • セントレジス ・バリリゾートの公式サイト。
セントレジス・バリリゾート
セントレジス・バリリゾートで宿泊のご予約を。我々のNusa Dua のホテルは息をのむような宿泊設備とあなただけの快適なご宿泊をご提供致します。
  • Kayuputi(カユプティ)』のページはこちら。
セントレジス・バリリゾート
Nusa Dua にある セントレジス・バリリゾート では様々なジャンルのお食事がお楽しみいただけます。ホテル滞在中は当ホテル自慢のレストランでおいしいお料理をご堪能ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました