東京港区・聖坂の周辺をブラブラ散歩。【その1】

東京港区・聖坂の周辺をブラブラ散歩。【その1】
  • 所用でJR田町駅方面へ出かけた際、地図アプリで見かけた「聖坂」というネーミングが気に入り、ちょっと周遊してみました。(新調したシューズは、今日も快調です)

スポンサーリンク

聖坂とは。

「ひじりざか」と発音します。Wikipediaによると「古代中世に高野聖(こうやひじり)が開いた通行路で、宿所もあったため名付けられた」んだそうです。

場所は、このへん。↓

亀塚公園からスタート。

ブラついた順に写真でご説明します。まずはきれいな夕焼け雲に誘われてやって来た「亀塚公園」からです。場所はここです。↓

夕焼け雲。
露出をいじったので、実際にはまだこんなに暗くなかったです。
のどかな亀塚公園。実際の明るさはこんな感じ。
奥に見えるのは、住友不動産三田ツインビル西館です。
これが亀塚。古墳説があるものの断定できていないとか。
亀塚の前を右折して奥に進むと…。
さらに歩道は奥へと続き…。
ウッドデッキの先に…。
坂(というか崖)を下る階段が登場。下ってみます。
踊り場まで下りて、いま来た道を見上げるとこんな感じ。
踊り場の下にもまだまだ階段は続く。
木製階段は終了し、コンクリートの踊り場と階段がまだ続きます。
港区は坂の街ですね。
やっと坂の下が見えて来ました。
この立体的な公園の魅力は、こんな平面図では伝わらないですね。
港区は「斜面緑地と湧水の保全」にも取り組んでます。
すばらしい。
かろうじて湧いているように見えないこともない湧水池。
シェア電動自転車ステーションも完備。
いま下りてきた階段。
このフェンスの右側に目をやると…。
第一京浜(国道15号)にぶつかります。

ここでちょっと時を戻して、先ほどの踊り場へ。

さっきの踊り場。右側に見える階段を降りると、さっきの湧水池や自転車ステーションへ行けます。
で、よく見ると、左奥にも別の階段がありまして…。
このほうが分かりやすいですね。
右がさっきの階段。左が未踏の階段。
当然、左も行ってみます。
左の階段を下りて左折すると…。
しめ縄があって…。
なんと、神社の境内に着きました。
ダンジョン探検気分。たのしい〜。
ここは、御田八幡神社(みたはちまんじんじゃ)の境内内にある「御嶽神社(みたけじんじゃ)」でした。
両神社の関係性は、謎。

場所は、こちら。↓

次回予告。

今回、聖坂から第一京浜に下りて来てしまったので、次回は別ルートで聖坂に戻ってみます。これまた「坂の街、港区」を感じさせてくれます。

Link(関連サイト)

  • 港区の「すこやかマップウォーキング」ページ。↓
    (聖坂周辺のコースは紹介されていませんが)
すこやかマップウォーキング
東京都港区ホームページです。
  • 港区の「まちなみ探検 聖坂」の紹介ページ。↓
聖坂(ひじりざか)
東京都港区ホームページです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました