腹が減っては旅行は出来ぬ。【ガルーダインドネシア航空の機内食】

腹が減っては旅行は出来ぬ。【ガルーダインドネシア航空の機内食】
  • 日本からバリ島まで唯一の直行便を飛ばしているガルーダインドネシア航空さんは、1997年のアジア通貨危機の影響で経営的に厳しい状況が続き、2000年〜2010年頃には欧米から安全性に問題ありとされ、スカイチーム連合との提携が中止されたこともありました。
  • その後、ガルーダさんは各種経営再建に取り組み、今ではスカイトラックス社(空港や航空会社の評価を行う専門調査会社)によって最高評価の5つ星を与えられし、さらに5年連続で「ワールド・ベスト・キャビン・クルー」を受賞するまでに復活しました。
  • そんなガルーダさんが、最も特徴や差が生まれやすいサービスの一つである「機内食」においてどんなものを提供しているか、過去も含めてご紹介してみます。(あくまでも私の経験の範囲内ではありますが)

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • バリ島には、1999年から毎年、合計20回以上訪れていますが、ガルーダの機内食を写真とともにご紹介できるのは2002年・2014年・2015年・2018年、そして直近の2019年のみとなります。

Where(所在地)

  • ほとんどが「成田 → デンパサール便」での機内食。
  • 2018年のみ「デンパサール → ジャカルタ便」の機内食。

Who(同行者の有無など)

  • 写真の一部に“同行者がチョイスしたメニュー”が含まれます。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • インドネシア料理は、わりと日本人の口に合うから、機内食にも多少の期待をしてしまう。
  • ビジネスクラス(自腹で乗ったことは1度もなく、マイレージの特典旅行ばかり)の食事だと、さらに期待が膨らむ。
  • インドネシアのビール「BINTANG(ビンタン)」が飲めるので、行きの機内からバリ気分に浸れる。

What(やったこと・体験したこと)

  • ひたすら飲んで食う。以上。

How Much(消費コスト)

  • LCCじゃないので、機内食は無料。

Photo(記録写真)

  • 古い時代から順にご紹介します。
2002年当時。人生初のビジネスクラス。これが「成田 → デンパサール便」の昼食(洋食)。ビジネスなので、これはまだ前菜です。
こちらも2002年当時。こちらは和食の前菜
同じく2002年。洋食のメイン。ステーキかと。
2002年。和食のメイン。鶏の照り焼きっぽいですね。
続いて2014年。この時は「デンパサール → 羽田便」という超便利なフライトが存在。そのビジネスクラス和朝食。写真で記憶を呼び戻せた中では、これが最もウマそうです。
次は2015年。「成田 → デンパサール便」・エコノミークラス機内食メニュー。なぜか料理そのものではなく、メニューの写真しか発見できず。
2015年、「成田 → デンパサール便」の機内食メニューの続き。
さらにその続き。

せっかくですから、適当な日本語訳も載せておきます。(この作業を経てもなお、これを食ったであろう当時の記憶がよみがえりません。たぶん、いたって普通の機内食だったのでしょう)

  • ランチ
    • インドネシアン
      • ポテト&アップル サワーサラダ
      • ローストチキン semurソースがけ(←“semur”とは“シチュー”という意味らしい)
      • ライス 野菜ソテー添え
      • パン
      • オペラケーキ
    • 和食
      • ひじきと人参の和え物
      • 日本そば
      • 魚の味噌照り焼き
      • ごはん 温野菜添え
      • どら焼き(←これ、いいですね。憶えてませんけど)
  • 到着前に
    • 明治スーパーカップアイスクリーム(←経営再建後の定番アイス。昔はハーゲンダッツでした。コスト削減か…)
  • 飲み物
    • ワイン
      • 赤:カベルネ・ソーヴィニヨン
      • 白:シャルドネ
    • スピリッツ(蒸留酒)
      • ジョニーウォーカー 赤ラベル(←飲んだことなし)
      • スミノフ ウォッカ(←飲んだことなし)
      • ゴードン ドライジン(←飲んだことなし)
    • ジュース
      • オレンジ
      • アップル
      • トマト
      • グアバ(←飲んだことなし)
    • ビール
      • ビンタン(インドネシア産の有名なビール)(←もっぱらこちら)
      • アサヒ(←機内で飲んだことなし)
    • 温かい飲み物
      • お茶(日本茶・紅茶)
      • コーヒー
      • ホットチョコレート(←飲んだことなし)
  • カフェサービス
    • 食事に合間に小腹がすいたら、ギャレーまでお越しください」とのこと。(←さすが5つ星&ワールドベストキャビンクルーです。行けばきっと何かをくれるんでしょう)
      • ↑とはいえ、CAさん達の控え室でもあるギャレーのカーテンを開け「腹が減りました」と申告する勇気もなく、未体験。余ったナッツでもくれるんでしょうか。
続いて、2018年。「デンパサール → ジャカルタ便」・エコノミークラス夕食。右にあるのはココナッツ風味のゼリー(だったはず)。
最後は、直近の2019年。「成田 → デンパサール便」・エコノミークラスランチ。これは「インドネシアン(洋食)」。メインはお肉
同じく、和食。メインは、えーと、お魚だったかなぁ? この時の「和洋チョイス」については、また後で触れます。
In Between Fuel」 の Meiji super cup ice cream。英語表記だと高級感が出ますね。日本での市販品と違い、容器もフタもプラスチックです。カッチカチに凍っていますので、ゆっくり溶かしながら食べましょう。本当はハーゲンダッツが懐かしい…。
ちなみにこちらは、1989年の「初バリ&初ガルーダ搭乗」時にもらったステンレスの小スプーン。正確には「食べ終わって食器・トレーを返却する際、これが床に転げ落ち、見つけられないまま帰宅したら、足元に収納していたバッグの中から出てきたスプーン」です。未返却のまま30年が経ちました…。
今とは若干デザインの異なる「当時のロゴマーク」が型押しされてます。捨てるに捨てられず、今さら返却もできず、我が家でスーパーカップアイスクリームを食べる際などに愛用させてもらってます。

Good(イケてる点)

  • エコノミークラスもビジネスクラスも、機内食はけっこう頑張っている
  • 特に、「バリ島で暴飲暴食を繰り返し、日本に帰国する便で眠りにつき、目覚めて最初に食べるビジネスクラスの和朝食(2014年)」は嬉しかった。(おそらく今でもあのクオリティは維持されているのではないかと)
  • 往路便の段階でバリ島を予感させるテイストのメニューがあるのも有難い。
  • 和食についてくるお菓子が楽しい。(どら焼きだったり人形焼だったり)
  • ガルーダといえば、ビールはビンタン。これで決まり。
  • 直近の2019年、私への配膳直前で「和食が終わりまして、洋食のみになります」となったのですが、なんとCAさんは、私に対しては「和食・洋食のどちらになさいますか?」と選択権を与えてくれました。
    • エコノミークラスとはいえ「スカイチームの上級会員(エリートプラス)だったから」としか考えられません。ありがたや。

Not Good(イケてない点)

  • CAさん達はずっと配膳に追われ、それが終わったかと思えば今度は奥から回収と給茶が始まるため、アルコールの追加発注がしづらい
    • そのため「このビンタンを飲み終わったら、次は白ワインかな。つまみとして、このおかずはキープしておこうかな」みたいな計画を立てても、なかなか完遂できず。
  • 何よりも、カッチカチに固まったハーゲンダッツアイスクリームが恋しい。経営再建前から搭乗していた私にとっては、あれこそがガルーダの味だった。

Conclusion(まとめ)

  • 現在「成田 → デンパサール便」には、私がかつてビジネスクラスを利用した際にはなかった「ファーストクラス」の席も用意されている。
  • ぜひ1回乗ってみて、「えっ、メインディッシュは4種類の中から選べるんですね。悩みますね〜。2つ選んじゃダメですか? どうせなら4つ全部じゃいけませんか?」などと“ワールドベストキャビンクルー”達に甘えてみたい。
  • さらに、「ハーゲンダッツはありますか?」の質問も忘るるなかれ。

Link(関連サイト)

機内食:東京(成田)発 - Garuda Indonesia
機内食:東京(成田)発

コメント

タイトルとURLをコピーしました