今回も「セントレジス ・バリリゾート」のご紹介。【セントレジス スイート編】

今回も「セントレジス ・バリリゾート」のご紹介。【セントレジス スイート編】
  • The St. Regis Bali Resort(セントレジス・バリリゾート)の続きです。
  • 今回は、ビルディング棟にある客室「セントレジス スイート」をご紹介します。
    • ヴィラ以外にもいろいろなカテゴリの客室がありますが、その中で最も標準的な(お安い)お部屋だと思います。

スポンサーリンク

When(訪問・利用・購入時期)

  • 2011年から2019年にかけて。合計で5回泊まらせてもらいました。(通算20泊程度)
    • セントレジス スイートに宿泊したのは、そのうち4回。

Where(所在地)

  • こちら。↓
  • 赤枠で囲ったブロックが、セントレジス スイートなどの客室があるビルディング棟(ロビー棟)です。↓

Who(同行者の動きなど)

  • このシリーズの1回目をご参照ください。

Why(訪問・利用・購入目的&期待値)

  • 初回こそガーデニアヴィラを利用したが、その後、自分も歳をとり、バリ島渡航回数を重ねるにつれて、「ヴィラで“完全おこもり”しなくてもいいんじゃね?」と思うようになった。
  • どのカテゴリーの部屋でも、バトラーサービス豪華な朝食は付帯するので、ヴィラでなくても構わない。
  • ヴィラのプライベートプールでなくても、でっかいパブリックプールのほうが楽しい。(スッポンポンで泳ぐなら別ですが)
  • などの理由から、セントレジス においては通常の客室(スイート)で十分と結論づけました。

What(やったこと・体験したこと)

  • 概略は、このシリーズの1回目をご参照ください。
  • 基本、「朝食 → 部屋に戻って広めのバルコニーでウダウダ → たまにビーチとかプール → 午後はホテル外に出てマッサージ&夕食 → 部屋に戻ったら再びバルコニーでウダウダ → 就寝」の繰り返し。

How Much(消費コスト)

  • 宿泊費用については、このシリーズの1回目をご参照ください。

Photo(記録写真)

  • ではさっそく客室のドアを開けたところから始めます。(同行メンバーから提供された写真も含みます)
部屋のドアを開けると、目の前がちょっとした玄関ホールになっていて、ミニバーのキャビネットが置いてありました。
下段は冷蔵庫
玄関ホールの右側が客室。
リビングスペース。座りやすそうなソファ。
ソファから玄関ホール方向を撮影。
ライティングデスクも完備。
日中のリビングスペース。
曇りガラスの向こうは廊下になっていますが、ほとんど気になりません。
ターンダウン後のリビングスペース。ムーディー。
  • 続いてベッドスペース。
キングベッド1台タイプの例。
リビングスペースとはカーテンで間仕切ることができます。
ターンダウン後は、こんな感じ。
ちなみにこちらは(別の時期に滞在した)2ベッドタイプ
で、これはターンダウン後。
リビングとベッドスペースの位置関係はこんな感じ。
広さはなんと92平米だとか。
ベッド側からリビング方向を撮影。
右奥の空間が玄関ホールで、そのひとつ手前の空間はウォークインクローゼット
ウォークインクローゼットはこんな感じ。十分な広さ。
(ヘアドライヤーは、バスルームではなくここに置いてありました)
ベッドの先に広いバルコニー。左奥は広いバスルーム。
  • ということで、ここからはバスルームです。
バスルーム内へ。
デカいバスタブ。右側のガラス窓から隣接のバルコニーが見えます。
ターンダウン後のバスルーム。
バスタブ側からバルコニー方向を撮影。
バスタブに向かい合うかたちでシャワーブース(左)とトイレ(右)が設けられています。
レインシャワーハンドシャワーがダブルスタンバイ。すばらしい。
ダブルシンクの洗面台。
昼間なのに照明オンにしたくなる内装でした。
  • 続いてバルコニーへ。
明るい日差し。ごろ寝できるソファも完備。
この時は、角部屋だったこともあり、気持ちよく風が抜けていってくれました。
眼下には、ビュッフェレストラン『ボネカ』のテント屋根が。
で、こっちは別の滞在時のバルコニー。
さっきは隙間の開いた手すりでしたが、こっちは「手すり壁花壇」になっていて、その分、風通りや眺望が若干毀損されちゃってます。もったいない…。
ソファの向かい側には椅子とテーブル。テーブル上には灰皿も。
ちなみに客室内は禁煙で、現地代理店からは「バルコニーも禁煙になっちゃいました」と言われましたが、チェックイン時のバトラーさん曰く「バルコニーのタバコ、ノープロムレーム!」とのこと。
これは2019年時点の状況ですが、この先どうなることやら。
このバルコニーからは、ご近所のホテルと思しき建物が見えましたが、海は見えませんでした。
2019年はチェックインが遅くなったため、ホテル内の『グルマン デリ』で軽食を注文し、部屋にセットしてもらって夕食としました。
サラダを食って。
キッシュも食って。
クラブハウスサンド食って。
ハンバーガーを食う。みたいな。
翌朝になって初めて眺めたバルコニーからの景色。
2019年にアサインされたこの部屋は低層階で、見晴らしはあまり良くありませんでした。
まぁ南国っぽいっちゃぁ南国っぽいですけど…。
朝食から戻ってきたら、既にベッドメイクは終わっていて、タオルアートのウサちゃんがお出迎え。
「バルコニーからの眺めなんて、気にしたってしょうがないさ。ビーチやプールに行って、YOU、楽しんじゃいなよっ!」と言われているかのようです。
ウサちゃんは、その次の朝も出没。
「ねぇ、俺の耳、ちょっと元気なくなってるよね?」
「それからさぁ、俺の赤いお鼻はどこに行ったわけ?」
その日のターンダウン後
「俺の目の位置が下がって来たじゃん! 今朝までよりもガキっぽい顔になったじゃねーかよっ」
さらに次の日
「耳だけでなく、全体的にずいぶんヨレヨレになってきたなぁ、俺。そのせいで、だんだんウサギに見えなくなってきてないか? 俺って何者?」
ライティングデスク上の高機能ハイテクテレホン。
ハイテクテレホンのディスプレイは、まるで昔のスマートホンとかPDAのよう。
正直言って、全然使いこなせませんでした。
最後にもう一度、リビングスペースをご覧ください。美しい。

Good(イケてる点)

  • 最もベーシックなカテゴリでも十分な広さ。
  • 上品なデザインで統一されたインテリア空間。
  • 冷房の効いた室内ソファで昼寝」と「夏の風がそよぐバルコニーのソファで昼寝」の両方に対応。
  • 電源コンセントが豊富で、スマホやパソコンなどの充電に不自由なし。
  • ハウスキーパーさんの遊び心溢れるタオルアート。  などなど

Not Good(イケてない点)

  • どのカテゴリのバルコニーも、「壁タイプの手すり」にしないでおいて欲しかった。
    • 風通しや明るさに、けっこう影響を与えているのではないかと。
  • 妙にハイテクな電話機。
    • 使い方を教えてもらうためだけにバトラーさんに来てもらったりしましたが、完全習得するには至りませんでした。
  • できれば、タオルアートの動物ちゃんは、日替わりにしてほしかった。

Conclusion(まとめ)

  • 超ラブラブの新婚旅行でもなければ、今回紹介した最もベーシックな本館のスイートルームで十分だと思います。まぁ人それぞれですが。

Link(関連サイト)

  • セントレジス ・バリリゾートの公式サイト。
セントレジス・バリリゾート
セントレジス・バリリゾートで宿泊のご予約を。我々のNusa Dua のホテルは息をのむような宿泊設備とあなただけの快適なご宿泊をご提供致します。
  • セントレジススイート(2ベッドタイプ)のページはこちら。
セントレジス・バリリゾート
Nusa Dua にある当ホテルの特別な客室にご宿泊頂き、贅沢なお時間をお過ごしください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました